Gyokuon-hōsō

Dari Wikipedia bahasa Indonesia, ensiklopedia bebas
Loncat ke navigasi Loncat ke pencarian

Gyokuon-hōsō (玉音放送), yang artinya "Siaran Suara Kaisar", merupakan siaran radio yang menyiarkan Kaisar Showa Jepang membacakan Reskrip Kekaisaran tentang Pengakhiran Perang (大東亜戦争終結ノ詔書, Daitōa-sensō-shūketsu-no-shōsho) kepada rakyat Jepang bahwa Kekaisaran Jepang telah menerima Konferensi Potsdam yang menuntut penyerahan tanpa syarat oleh tentara Jepang pada akhir Perang Dunia II. Pidato ini disiarkan pada tengah hari Waktu Standar Jepang pada 15 Agustus 1945 setelah Pertempuran Okinawa, pengeboman atom Hiroshima dan Nagasaki dan konferensi perang terhadap Jepang oleh Uni Soviet.

Isi Teks[sunting | sunting sumber]

Teks asli[sunting | sunting sumber]

ちん深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニかんがミ 非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ ここニ忠良ナルなんじ臣民しんみんニ告

朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ 其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ 抑々そもそも帝国臣民ノ康寧こうねいヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲともニスルハ 皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カル所 さきニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦 実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾しよきスルニ 他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固もと{{{2}}}ヨリ朕志ニアラ しかルニ交戰已ニ四歳しさいけみシ 朕陸海将兵ノ勇戦 朕百僚有司ノ励精 朕一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニかかわ 戦局必シモ好転セ世界ノ大勢亦我ニ利アラ 加之しかのみならず敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ しきり無辜むこヲ殺傷シ惨害ノ及ところ しんニ測ルヘカラルニ至ル しかもなお交戦ヲ継続セムカ ついニ我民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラ ひいテ人類ノ文明ヲモ破却はきやくシ 斯クノ如クムハごとくんば朕何ヲ似テカ億兆ノ赤子ヲシ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ  是レ朕帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セ{{{2}}}シムルニ至レル所以ナリ

朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対し遺憾ノ意ヲ表セルヲ得 帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ{{{2}}}非命ニ斃たお{{{2}}}レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ{{{2}}}{{{2}}}ない{{{2}}}ため{{{2}}}ニ裂ク 且かつ{{{2}}}戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙こうむ{{{2}}}リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ 朕ノ深ク軫しん{{{2}}}ねん{{{2}}}スル所ナリ 惟おも{{{2}}}フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固もと{{{2}}}ヨリ尋常ニアラス 爾臣民ノ衷情ちゆうじよう{{{2}}}モ朕善ク之ヲ知ル 然レト{{{2}}}モ朕ハ時運ノ趨おもむ{{{2}}}ク所堪{{{2}}}ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ{{{2}}}難キヲ忍ヒ{{{2}}} 以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ 忠良ナル爾臣民ノ赤誠せきせい信倚しんいシ常ニ爾臣民ト共ニ在リ レ情ノ激スル所濫みだり事端じたんしげクシ或ハ同胞排擠はいせい{{{2}}}互ニ時局ヲ乱みだ{{{2}}}リ 為ニ大道だいどう{{{2}}}ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フ如キハ朕最モ之ヲ戒ム 宜よろ{{{2}}}シク挙国一家子孫相伝へ 確かた{{{2}}}ク神州ノ不滅ヲ信シ{{{2}}} 任にん{{{2}}}重クシテ道遠キヲ念おも{{{2}}}ヒ 総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ 道義ヲ篤あつ{{{2}}}クシ志操ヲ鞏かた{{{2}}}クシ 誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運しんうんおくラムコトヲ期スシ 爾臣民其レ克ク朕意ヲたいセヨ 御名 御璽 昭和二十年八月十四日

Ejaan baru[sunting | sunting sumber]

朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を収拾しようと思い、ここに忠良なるなんじら帝国国民に告ぐ。

朕は帝国政府をして米英支ソ四国に対し、その共同宣言(ポツダム宣言)を受諾することを通告させたのである。

そもそも帝国国民の健全を図り、万邦共栄の楽しみを共にするは、天照大神、神武天皇はじめ歴代天皇が遺された範であり、朕は常々心掛けている。先に米英二国に宣戦した理由もまた、実に帝国の自存と東亜の安定とを切に願うことから出たもので、他国の主権を否定して領土を侵すようなことはもとより朕の志にあらず。しかるに交戦すでに四年を経ており、朕が陸海将兵の勇戦、朕が官僚官吏の精勤、朕が一億国民の奉公、それぞれ最善を尽くすにかかわらず、戦局は必ずしも好転せず世界の大勢もまた我に有利ではない。こればかりか、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、多くの罪なき民を殺傷しており、惨害どこまで及ぶかは実に測り知れない事態となった。しかもなお交戦を続けるというのか。それは我が民族の滅亡をきたすのみならず、ひいては人類の文明をも破滅させるはずである。そうなってしまえば朕はどのようにして一億国民の子孫を保ち、皇祖・皇宗の神霊に詫びるのか。これが帝国政府をして共同宣言に応じさせるに至ったゆえんである。 玉音放送を聞いて炎天下にもかかわらず、皇居前で天皇陛下に向かって泣きながら額づく人々

朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力した同盟諸国に対し、遺憾の意を表せざるを得ない。帝国国民には戦陣に散り、職場に殉じ、戦災に斃れた者及びその遺族に想いを致せば、それだけで五内ごだい(玉音は「ごない」。五臓)引き裂かれる。且つまた戦傷を負い、戦災を被り、家も仕事も失ってしまった者へどう手を差し伸べるかに至っては、朕が深く心痛むところである。思慮するに、帝国が今後受けなくてなたない苦難は当然のこと尋常ではない。汝ら国民の衷心も朕はよく理解している。しかしながら朕は時運がこうなったからには堪えがたきを堪え忍びがたきを忍び、子々孫々のために太平を拓くことを願う。

朕は今、国としての日本を護持することができ、忠良な汝ら国民のひたすらなる誠意に信拠し、常に汝ら国民と共にいる。もし感情の激するままみだりに事を起こし、あるいは同胞を陥れて互いに時局を乱し、ために大道を踏み誤り、世界に対し信義を失うことは、朕が最も戒めるところである。よろしく国を挙げて一家となり皆で子孫をつなぎ、固く神州日本の不滅を信じ、担う使命は重く進む道程の遠いことを覚悟し、総力を将来の建設に傾け、道義を大切に志操堅固にして、日本の光栄なる真髄を発揚し、世界の進歩発展に後れぬよう心に期すべし。汝ら国民よ、朕が真意をよく汲み全身全霊で受け止めよ。

御署名(裕仁) 御印(天皇御璽)

Pranala luar[sunting | sunting sumber]